「美濃焼」とは岐阜県美濃地方の東部、東濃地方といわれる地域の西端をしめる、多治見市・土岐市・瑞浪市・笠原町で生産されるやきものの総称をいう。この地域はやきものの原料となる粘土や窯を焚くための燃料が豊富で、古墳時代の頃よりつくりはじめられた。近世以降は、それぞれ土岐川やその支流などの河川が形成した山間盆地ごとに、独立した産地が成立し現在に至っている。
 わたしたちのまわりには、さまざまなやきものがあります。毎日生活で使う食器をはじめ花瓶や置物などの装飾品、内外装用タイルなどの建築資材という従来のやきものから、IC基盤などの電子部品、新しい産業分野の航空宇宙産業においてもファインセラミック製品が使われ必要とされています。
 美濃焼では、こうしたやきものを長い歴史と伝統に支えられ生産しております。 特に食器類の生産は全国シェアの50%以上を占めており、日本のやきものの代表といっても過言ではありません。日常生活の中で何気なく使われ、知らないうちに暮らしの中にとけこんでいるやきもの、それが美濃焼です。

 

トップページへ戻る

 


    岐阜県陶磁器工業協同組合連合会
住所:
〒507-0801 岐阜県多治見市東町1-9-3
電話:
0572-22-0111 ファックス 0572-24-0208
e-mail:
info@gikoren.or.jp
このサイトは、国内最大の陶磁器生産地「美濃焼」の窯元組合が集まり企画したものです。